Make your own free website on Tripod.com

ANZIO

マップ中央を北西から南東へ流れる川を挟みつつ、南北に対峙した両軍の戦いであり、形状的にかなり面白いマップの一つでしょう。

基本的には北から攻める伊軍と南から攻める米軍が中央で激突する形なのですが、中央の川と各拠点の背後の山がある為に迂回や奇襲などの要素が盛り込まれています。

マップタイプ HBヘッドオン
拠点数 6
  連合軍 枢軸軍
アメリカ イタリア
初期占領数 2 2
固定拠点 0 0
海上兵力 無し 無し
陸上兵力 中戦車 2両 中戦車 2両
自走砲 1両 自走砲 1両
GMC 1両 突撃砲 1両
航空兵力 戦爆機 1機 戦爆機 1機
中立兵力 無し

全体戦略:
両軍の陣地はそれぞれ南北両端に位置しており、中央部に2カ所の中立拠点があります。目的はまず、中央拠点2カ所の占領ですが相手も同じ行動を取る訳ですので、中央拠点付近は激戦となるでしょう。また中央拠点は川により東西に分断されているので、攻撃部隊も東西二手に分かれる必要があります。連絡の為の橋はありますが、マップの広さに対して橋の数が少ないので予めバランスよく配置するように心懸けなければなりません。中央拠点を占領したら、防衛を心がけるべきなのですが実は中央拠点は非常に守り難い拠点であります。背後には山があり歩兵の潜入が簡単ですし、正面は開けていますので戦車や戦闘爆撃機の襲撃は脅威です。

つまり、中央拠点を維持し続けるのは困難であると言えるので、その代わりとなる拠点を確保することが大事であると思います。
となれば当然次の目標は相手側ベースとなります。中央拠点から迅速に相手側ベースへ進撃しましょう。但し、ベースには戦車等の機甲兵力があるので攻略は困難ですが、逆に攻め落とした場合は当然ですが非常に有利になります。

航空兵力:
このマップに限らず、RtRのマップは広く視界が開けているものが多い関係上、飛行機の威力は絶大です。とにかく隠れ場所が殆ど無い状況下では地上部隊は非常に苦しいものでしょう。従って、相手の拠点を攻略する際の優先度としては、やはり「飛行機がリスポーンする」拠点が高いと言えるでしょう。米軍側で言えば東側、伊軍で言えば北側となります。

中央の川と中州:
東西の連絡を遮断する川ですが、中州部分には対空砲などの装備があるので実はかなり重要です。ここは是非押さえておき、敵の移動を妨害しましょう。また、揚陸艇を利用して一気に全速で川を移動して相手ベースへ侵入するという奇襲戦法も考えられます。

背後の山:
各拠点は背後に山が控えています。車両の進行は無理ですが歩兵であれば楽に進行できます。基本的にベースと中央の拠点を道路を利用して進行すると丸見えなので、歩兵にとっては良いことがありません。そこで歩兵は山ルートを取ればとりあえずは安全です。ただ、相手も同じ行動をしてくる訳ですのでそうなると注意が必要です。山ということで起伏があるものの、障害物の類は無いので、敵を素早く発見する為に周囲の哨戒を怠ることは出来ません。