Make your own free website on Tripod.com

GAZALA

砂漠と枯れた渓谷が続くマップです。広すぎるマップである為、基本的に車両が無ければ移動が困難であり、前線への兵力の集中速度が重要となります。
配置的には、南側の3箇所の拠点と北側の1箇所の拠点の計4箇所の拠点に対し、どの組み合わせで過半数を占領するかがポイントでしょう。


マップタイプ ヘッドオン
拠点数 4
  連合軍 枢軸軍
イギリス ドイツ
初期占領数 1 1
固定拠点 1 1
海上兵力 無し 無し
陸上兵力 中戦車 4両 中戦車 5両
自走砲 2両 自走砲 2両
航空兵力
戦闘機 3機 戦闘機 3機
中立兵力 戦闘機 2機
重爆 1+1機
中戦車 2両
全体戦略:
戦線は南と北に分かれています。南の3箇所の拠点は両軍がそれぞれ端の拠点を占領済みですので、残された中央の拠点を占領する為の戦いとなります。両軍共に機甲兵力が整っていますので戦車を中心とした正面戦が主ですが、実は占領範囲が広い為、歩兵が側面へ廻っての攪乱なども効果的です。

北の拠点へは、自軍ベースから機甲部隊が進撃しましょう。この拠点は非常に重要です。北の拠点には対空砲が配備されていますので、ここは是非押さえなければいけません。両軍の戦車兵力が激突する場所ですので、単独進撃にならないようにある程度(最低でも2両)まとまって進撃しましょう。速度も大事ですが、両軍の戦車能力が殆ど同じである以上は数の多い方が絶対的に有利だからです。北の拠点には戦車が2台ありますので、それを有効に使う為に、せめて歩兵だけでも2人は同行すべきです。ジープは二人乗りで運転、APCにもなるべく歩兵を乗せるようにする等、歩いて前線へ向かわねばならない歩兵がいないように心がけましょう。

特に北の拠点は一旦戦車が守りを固めてしまうと、正面からのみの攻略は非常に難しくなります。もちろん自軍の目標は早期占領を果たし、万全の体勢で待ち構えることです。見通しが非常に良いので、照準を予め整えておき、発見と同時に撃ちまくって敵を近づけないようにしましょう。弾薬箱があるので補給の心配はありませんし、リスポーンする2両の戦車を即戦力に加えることが出来るので非常に心強いものがあります。
逆にこの体勢で待ち構えている敵陣を攻略する立場になってしまった場合は、背後の山からの攻撃が有効です。位置取りをうまくやれば敵戦車砲の仰角外から一方的に攻撃することができるので、正面と頭上からの挟撃を行う体勢を取ることが理想ですね。

上記2箇所の拠点の制圧に成功した場合は、邪魔な南側の残りの拠点から敵軍を駆逐して下さい。マップが広い為に、ベースからの増援は北の拠点を除いて時間を要しますので、その間にチケットを削り取ることが出来ます。逆を言えば、自軍がその状態になってしまうと、チケットは削られるわ、戦車兵力は大差が付くでロクなことになりません。(と言うよりも勝ち目が無くなります)
いずれにしろ、重要な拠点である南の端側と北の拠点を確保し続けることです。もし南中央を奪取されたとしても、二方向からの反撃で奪回できる可能性が高いからです。

航空兵力:
このマップは平坦な砂漠というよりは起伏の激しい渓谷が多くなっており、各拠点は山と山に挟まれた形で位置しています。従って、対地爆撃は山に激突しないように注意する必要があります。これは空中戦についても同様です。
北西には重爆と戦闘機が配備された飛行場がありますが、この場所は早い者勝ちですので敵に奪われないように頂戴しておきましょう。