Make your own free website on Tripod.com

GUADALCANAL

ガダルカナルは、陸海空3軍の総力戦となるマップであります。しかしながら、起伏が激しい地形である為に戦車が活躍できる場所が少ない割には大量の陸戦兵器があったり、両軍の艦船が充実している割には他のマップ程重要ではない等の理由により、総力戦と言いながら陸海空の戦闘がそれぞれバラバラになりがちで、少しばかりバランスが良くない部分もあります。


ヘッドオンマップであるガダルカナルについては、自軍の拠点と併せて中央の2箇所の拠点で計3箇所の占領を目指します。敵の固定拠点(ベース)に近い拠点は、無視するべきですね。この拠点を占領できたとしても、チケット状況には変化が無い上に、敵は固定拠点から次々と援軍を繰り出せるので結局は奪取されがちですので、戦略上の価値は少ないと言えるでしょう。




マップタイプ ヘッドオン
拠点数 4
  連合軍 枢軸軍
アメリカ 日本
初期占領数 1 1
固定拠点 1 1
海上兵力 駆逐艦 2隻 駆逐艦 2隻
潜水艦 1隻 潜水艦 1隻
陸上兵力 中戦車 4両 中戦車 4両
自走砲 2両 自走砲 2両
航空兵力 戦闘機 2機 戦闘機 2機
爆撃機 1機 爆撃機 1機
中立兵力 中戦車 1両
自走砲 1両
全体戦略:
まず東側の拠点です。ここを占領すると戦車と自走砲が1両づつリスポーンするので戦力的に優位に立てます。マップの地形特性上あまり戦車が優位では無い、という点がありますが、まずは優先して押さえるべき拠点ではあります。この拠点と自軍ベース寄りの拠点2方向より、西側の拠点へ進撃することが標準的な作戦でしょう。

西側の拠点は、拠点と言うにはかなり寂しい感じの場所ですが、過半数占領を目指すうえでの重要度においては変わりありません。両軍のベースから車両で向かうことは出来ますが、所謂山道ですので高速移動は少々難しく、東側から戦車主体で侵攻する場合は一本道になっており、山の上からの歩兵の待ち伏せがあったりします。また、どうしても東側の拠点を巡る戦いが激しくなりますので、戦車を廻しにくいという点、歩兵が進撃するには距離が遠く、時間がかかってしまう等により、少しばかり攻め難い拠点であると言えるでしょう。この点については、駆逐艦を利用して海上から兵力補給をすることが有効かも知れません。

海上兵力:
開始時、両軍の艦隊は対峙した状態です。まずは敵艦隊の殲滅が急務でしょう。敵艦隊を殲滅できれば地上部隊の援護に回りましょう。とりあえず、兵力が薄くなりがちな西側拠点をサポートする為に、島の西へ移動することが得策でしょうね。
或いは、敵ベース近くへ陣取り艦砲を撃ちまくる、という方法も下品ですが有効です。ベースには戦車、飛行機が多数リスポーンするので、これらの兵器群を稼働前に破壊してしまうのはかなり強力です。
このマップでは陸上戦力が両軍とも充実している為、海上戦力がいまいち目立たないのですが、陸上に対する優位性は変わりませんので効果的なサポートを心がけましょう。但し、浅瀬と遠洋の見た目が判りにくい為、座礁の危険性がありますので操縦には注意しましょう。

また、潜水艦は敵艦を沈める以外には仕事がありませんので積極的に獲物を追い求めましょう。とは言うものの、このマップでの相手は駆逐艦と同じ潜水艦です。ミッドウェイのように戦艦をつけ狙うような行動は出来ませんが、頑張りましょう。

航空兵力:
起伏の激しい地形が多く、開けた部分は両軍のベースと東岸ですので飛行機のターゲットとなる車両が集中する関係上、飛行機もこれらの上空での戦闘が中心となりがちです。
他の海上マップと異なり、ガダルカナルでは揚陸艇がそれ程使われませんので第一目標を敵航空兵力とし、次いで地上部隊、敵艦隊への攻撃を行いましょう。