Make your own free website on Tripod.com

MIMOYECQUES(Conquest version)

海峡を挟んで北フランスのミモイェックのV3基地を攻略するアサルトマップです。
マップ形状としてはブリテンの戦いとほぼ同じで、攻撃側の米軍は空路からの進撃になります。そして基本的な作戦としてはエッセンと似たようなものになるでしょう。

但し、エッセンとは異なり米軍とドイツ軍の拠点は広大な海で分けられていますので本当に輸送機(と揚陸艇)で進撃するしかありません。(エッセンは一応、徒歩による進撃も可能ですが)


マップタイプ アサルト
拠点数 5
  連合軍 枢軸軍
アメリカ ドイツ
初期占領数 0 5
固定拠点 1 0
海上兵力 無し 無し
陸上兵力 無し 中戦車 1
ST 1両
対空戦車 2両
航空兵力 輸送機 1機 ホルテン 2機
ゴブリン 1機 ミサイル発射台 1基
AW-52 1機

全体戦略:
米軍
米軍のベースは北端で、海で隔てられた南方のドイツ拠点群を目指します。進撃手段は輸送機と揚陸艇です。空挺作戦と揚陸艇による沿岸拠点への上陸等で拠点を奪い、チケット減少を食い止めましょう。ベースの2箇所の内、V3圧縮場はバンカーは意外と見通しが悪いのでこっそりと占領することは不可能ではありませんが、脇の飛行場から援軍が到達してしまうので簡単ではないでしょう。逆もまた同じです。しかしながら空挺作戦への障害である対空ミサイルの制圧の為にも必要ですし、何よりもドイツ軍兵力の分断に役立ちます。

ドイツ軍
米軍空挺部隊、上陸部隊の二群に対して警戒しなければなりません。ホルテンと対空ミサイルが洋上パトロールを行ない、拠点群に米軍を近づけさせないよう努力しましょう。エッセンと同様、対空ミサイルが威力を発揮できれば米軍の進撃を全く無力化することも不可能ではありません。米軍の拠点侵入を防ぎきることが理想ですが、橋頭堡を築かれてしまった場合は駆逐することはかなり難しいと思います。航空部隊の努力でチケット逆転までは頑張って凌ぎましょう。

攻撃と防御
米軍の攻撃
輸送機による空中降下と揚陸艇の上陸が第一歩です。極力高度を取ることは輸送機運用の定石でしょう。降下ポイントに関しては、やはりベース2箇所を優先的に狙った方が良さそうです。このマップでは沿岸部とベース部に二分されており、互いの拠点群との連絡はあまり良くありませんので、上陸部隊に沿岸側を任せて空挺部隊はベースの攪乱に努めた方が効果的です。全体部でも述べましたが、V3圧縮場側は見通しが悪く、またドイツ軍戦車が入り込めない地形なので空挺部隊でも何とか時間を稼ぐことが出来ます。この時間を利用してなるべくドイツ軍兵力を拠点側に張り付け、その間に沿岸拠点に橋頭堡を築いてしまう、という作戦が妥当なところではないでしょうか。

沿岸拠点については、ともかく上陸さえしてしまえば占領は簡単ではないにせよ、何とか中立拠点を得てチケット減少を食い止めることは出来ますが、その後で拠点を確保し続けられるかとなると機甲兵力が無いために楽な戦いではありません。但しこの点については対するドイツ軍も機甲兵力が配備されている拠点が分散しているので即座に対応できる訳でもありませんから、時間を稼ぐことは可能です。とにかく、米軍はスピードで勝負しましょう。沿岸部には幸いバイクも多くありますし、拠点間の連絡はバイクを使えばすぐの距離です。

そして、ポイントはゴブリン、AW-52の航空部隊の活躍です。まずはAW-52が対空ミサイル発射台の撃破を行なって下さい。エッセンと同様、これがある為に米軍がロクに進撃できないという悪夢のような展開にならないようにする為にも非常に重要です。ミサイルの次はドイツ軍機甲兵力の撃破です。そしてゴブリンは対空攻撃力の無いAW-52と輸送機を狙ってくるホルテンを撃墜することが最重要任務です。特にエッセンとは異なり、輸送機のリスポーン速度が遅い為に一度輸送機が破壊されるとかなりのタイムロスが生じてしまいます。揚陸艇は4隻あり、輸送可能人員数としてはこちらの方が多いのですが、やはり速度的にはあまり頼れません。また、例によって揚陸艇も航空機の攻撃に対しては脆弱ですのでこれらを護衛する必要があります。

さて、これらの作戦をチケット優位を保っている間に実行することが理想ではあるのですが、沿岸部はともかくとして、優位高度があり、対戦車砲等で要塞化されているベース部を地上正面から進撃することは非常に困難です。困難ではあるのですが、地上、航空両面からの進撃を行なえばドイツ軍を押え込むことは可能です。襲撃のメインは空挺部隊とし、地上軍はドイツ軍の反撃を警戒しつつ進軍しましょう。


ドイツ軍の防御
ベース側と沿岸側の二手に分かれて防衛しましょう。基本的に米軍の空挺部隊に対応する関係上、全ての拠点に於ける守備が必要なのですが、拠点間はそれぞれ距離は近いのであまり分散し過ぎずに、より重要な拠点を守るようにしましょう。ベース側では車両ベース、沿岸側では西の拠点がそれぞれ兵器群の関係からより重要であると思います。一方で二つの拠点群の方は距離がある為に互いの増援は難しくなっています。輸送機等を持っていないドイツ軍は車両での移動するしかありませんが、やはり時間がかかってしまうので独立防衛が基本となります。

序盤の防衛の主役は、やはり対空ミサイルとホルテンです。米軍は海を渡って輸送機か揚陸艇で進撃してくることは判りきっていますので、これらを拠点に近づけさせる前に撃破することが理想であります。エッセンでもそうですが、航空攻撃に上手く嵌めることが出来れば一方的勝利も可能です。
ところが一旦沿岸部に攻め込まれるとやっかいです。占領範囲が狭いので拠点を中立にされた場合の対処は楽ですが、沿岸部拠点はそれぞれ距離が短く、隠れ場所等も多いので潜んでいる米兵を発見しにくく、隠れてやり過ごされこちらがいなくなってからまた占領される、という繰り返しになりがちです。橋頭堡を確立されてしまうと消耗戦になってしまうので、根気良く潰していきましょう。

ベース群に関しては、飛行場側は開けており侵入されても目立ちますので対処は困難ではありませんが、V3圧縮場側はバンカーのお陰で米兵の侵入が見つけ難くなっています。但し、侵入されても飛行場からの対処はし易いので逐次対処しましょう。つまりは飛行場を優先的に防衛する必要があります。もしここを2箇所とも占領されると、ドイツ軍にとって奪回は非常に困難ですので気を付けましょう。チケットの状況によりますが、チケット優位を得る前に橋頭堡を築かれてしまった場合でも、ベース2箇所を保持していればまだ何とか対処の余地はありますが、逆のパターンで沿岸部に押し込められてしまった場合は米軍の陸海空からの攻撃を受ける為に殆ど逆転不可能です。
ベース側への地上からの侵入路については大回りですが迂回路が東西にあります。迂回路は標高が高い為に、侵入してくる敵兵を発見し難いので、特に東側からの侵入には注意する必要があります。