Make your own free website on Tripod.com
戦車の戦い

戦車対戦車、の特集ページであります。個人的にはBF1942、やっぱり主役は戦車だよなーと思う訳でなんですよ。
歩兵戦は結構言われてますが、純粋な人間型キャラクタと個人携行兵器のみのFPSに比べると洗練されてなかったり、飛行機はシム系に比べると敷居は低いけどやはり難しいし、艦船類は登場マップが少ないし・・・で、戦車な訳です。
ちなみに、書いてあることは全て判りきっていることばかりですので読まなくても構いません(汗


1.正面を向ける
さて、これも判りきった話ではありますが、重要な話です。戦車は正面の装甲が最も厚いので、基本的に敵と戦う場合は正面を向けます。戦車は敵弾をかわす、ということが可能な兵器では基本的にないので、ダメージを受けることを前提にして戦う必要があります。要するに一番頑丈なオデコの部分を殴らせるという訳ですな。
そうなるとせっかく360°旋回可能な砲塔を持っているのに無駄だよな、という話にもなりかねませんが(実際、突撃砲タイプの戦車は砲の左右の可動量はほんの少しなんですが)、、、この辺はどうでしょうね。弾を撃つだけなら、車体を転回させるよりも砲塔だけ動かした方が早いので初弾を相手より先に撃ち込む、という点では都合がいいです。しかし、確実に1発で破壊できる確証が無い限りは焦らずにこちらの態勢を整えてから、という方がいいでしょう。また、歩兵を攻撃する場合は、AT兵で無い限りは車体を転回する必要はありません。

2.背面を狙う
またしても判りきった話ですが、戦車の弱点は背面です。基本的に背面に命中させれば一撃破壊です。上でも書いてますが、確実に一撃破壊できる状況とは背後を取った状況ですので、砲塔旋回だけで確実に狙いましょう。
相手の背後を取るなんてのはそうそうありませんので、周囲をよく見て相手よりも先に発見することが大事です。そうしないと背後を取るどころの話ではないですよね。
実際には側面を狙う、というのが最も多いシチュエーションでしょう。背面ほどでは無いですが、側面、特にキャタピラも弱点となっています。

3.耐える!
結局、上記1と2を総合した話になってしまいますが、正面が最も強いということになれば奇襲成功という訳でもない限りはお互い正面を向いて撃ち合い、ということになります。そして、中戦車同士であれば砲の性能は基本的にどの戦車も同じ、ということになりますから、相手よりも先に命中弾を与え、正確に命中させることが出来た方が勝ちです。
ところが、相手の耐久力がどの程度残っているのかは原則的には判りません。相手に命中弾を与えつつも、こちらも敵弾を喰らってしまいダメージを負ってしまっている場合にどうすべきか、という話ですが、、、ここで取る行動はやはり「耐える」です。
相手の側面を狙う為に自分が先に動いてしまっては、結局自分が先に弱点である側面を晒すことになります。相手のミスが無い限りは危険です。

4.逃げる!
上記3で、自分の耐久力が少ないのに敵戦車と遭遇してしまった場合にどうするか。これはもう「逃げる」しかありません。単純な話で相手がミスをしない限り確実に負けるからです。また、重戦車に対して中戦車は圧倒的に不利です。これも基本的には逃げるしかありません。例外としては相手の耐久力も少ない(黒煙を吐いている)場合や、相手の射撃が下手で取り敢えずは当てられそうにないな、と思われる場合です。

5.止まって撃て!
射撃は停止している状態で行なうのが好ましいです。理由は簡単で、単に命中率が高いからです。移動しながら撃った場合、慣性が発生しますので(横への射撃)それを考慮してやる必要があったりと、移動時は攻撃には向いていないと思います。例外は逃走中の敵を背後から追撃している、というような状況です。本当はこれも止まって撃ちたいのですが、こちらも追いかけないと逃げられてしまいます。
また、こちらが逃げ気味に行動している場合も止まっている余裕はありませんから、当てることは期待せずにとにかく撃つ、という場合等です。

6.仲間と共に
実はこれが一番大事です。とにかく僚機がいるのと、いないのでは大きな差があります。基本的に戦車の性能が殆ど全て同じであるBFでは数で局所的に差をつけることが最も効果的です。

オマケ
「HIGH PINGのサーバには入るな」
読み飛ばして結構です。昔からさんざん言われてきたことなので、少しでもFPSをやったことのある人には今更不要、という話ですので。

HIGH PINGとは言っても、現在では通信事情は劇的に進歩したので国内サーバであれば大抵は2桁、という方が多いと思います。それでも海外サーバへ行くと韓国や台湾等を除けば3桁の世界ですね。で、実際に影響が強いのは200を超えたあたりからでしょうか。
PINGが高ければ高いほど、「見た目の状況は過去のものである」ということになります。(実際は単純な話では無いですが)言うなれば、過去の残像に弾を撃ってもアタラネーよ、ということになる訳です。(敵戦車は実は残像だったり、自分の撃った弾が実は遅れて発射されていたりとか)
こういった話は基本的にどんなFPSであっても大なり小なり関係のある話です。

 

上の図はとてつもなくデフォルメしてありますが、
@のコースに撃ち、敵戦車に弾が命中、確かに爆発エフェクトが発生しているのに照準ブリンクが無いとか、
Aのコースに撃ち、撃った砲弾が敵戦車の鼻先をかすめて飛んでいった一瞬後、突然その敵戦車が爆発・・・といった現象がPINGが高くなるつれて増えていきます。

また、命中時の照準ブリンクも表示が遅くなるようになります。トラック等を機銃で撃ってみて「あれ、ブリンクしない?お、やっとブリンクした・・・」って感じの場合は早々にそのサーバから引き揚げましょう(汗