Make your own free website on Tripod.com

CSクランマッチ:対LIB 結果報告

試合日:01/06/17
対戦サーバ:LIB様提供サーバー
対戦マップ:de_nuke

 

    lib2.gif (4941 バイト)

第1試合                 第2試合

EnF (T) 2-6 LIB (CT)                   EnF (CT) 5-4 LIB (T)

今回は残念ながら御覧の通り、7-10の惜敗でした。
私にとってはCSクランマッチ初参加ということもあり、気合を入れて望んだものの
結果を出すことは出来ませんでした。
両試合とも、CT側が勝利を収めたので結論から言うとこのマップはT側の攻撃に鍵が
あるのかも知れません。

地上及び地下のC4ポイントが接近している為か、CTはとりあえずどちらかのポイントに
集結して待ち受け読みが外れたら片側へダッシュすることで素早い防衛が出来るような
気がします。(実は私、CTでも参加しましたが序盤で死んでしまい、その後も「死後の世界」
の為にほとんど戦況を確認できなかったのですが)
作戦としては、本隊と分隊に分けて本隊はC4ポイントへ直行、分隊は左サイドからTの
背後を衝くというものでしたが本隊が強くて分隊はあまり活躍できなかったですね。
(私は常に戦死でしたが)ともかくRADIOですぐに本隊と分隊が合流できるポジション取りを
することが大事そうですね。


T側の作戦としては、ともかくサッサとC4を設置し総力で防衛するというものでしたが、
やはり「机上の作戦」が実戦でそのまま通用する訳では無いという現実がありました。
敵は動き、撃ってくる。。。そして味方は弾に当たれば死んでしまう。。。
戦略や戦術は大事ですが、個人の技量もやっぱり大切であることを改めて実感。
死んでしまっては作戦もクソもないのでした。
C4ホルダーは先頭を突っ走るのは少しマズイかも。
C4ホルダーが先頭で戦死すると、CT側にはC4の所在が筒抜けだしCTの十字砲火が
待ち構えるポイントに突っ込んでC4をキャッチし尚且つ生還するのは非常に厳しいと思います。
リーダーを1人決め、C4ホルダーは中間に位置するというのが理想かも知れません。
そしてCTの数が多かったら一旦引いた方がいいなとも思います。


返す返すも、残念な結果でした。私がほとんど戦力になってなかったのが自分でも悔やまれます。
実際のところPING300オーバーだと本当に辛いですね。KPやQ3と違い、PINGが悪い時の
射撃がどうにもならないのが厳しいです。今使っているケーブルも潮時でしょうか?

皆さんJCCT2に向けて精進しましょう。
(オレが一番精進しなきゃね。。。)