Make your own free website on Tripod.com

T-naka's BARのトイレにある隠しドアを開けると、そこには膨大な量の武器弾薬が隠されていた!!!!

。。。と、まぁ冗談なんですがこのページではKINGPINに登場する武器をあくまでも私見ですがシングル、マルチ両面から分析解説していきたいと思います。本当はKingPin Japanの武器説明を見ていただいた方がいいです。このページでは私の偏見が大分入っていますので。。。

KINGPINの武器は全部で9種類あります。この9種類という数字は近代FPSでは少ない部類に入ると思います。しかもほとんどがあまりゲームらしくない武器ばかりです。つまりシンプルな傾向が強く、またQUADなどのパワーアップもほとんどありません。従ってそれぞれの特性を理解し、最適のシチュエーションで最適の武器をチョイスすることが重要です。(ま、当たり前か)

*お知らせ とりあえずこのページに載せてしまいますが、海外でちょっと面白いマップを見つけましたので紹介します。ここから

*お知らせ2
私の録画したデモをアップします。本当は「ラグのある状態での闘い」がテーマだったんですがいざ再生してみるとラグは全然反映されておらず単なる快適なプレイに見えてしまいます。そんな訳で、全然ラグの対処が判らないと思いますが適当にラグを想像して観てください。(なんだそら。。。)    
デモ1   デモ2
おまけ
上記のデモの分析結果を作ってみました。(今日はヒマでした。。。)分析を行うツールがQ3やUTではあるようですが、KINGPINではあるのかどうかも判らないので自分でシコシコ作成しました。 デモ1の分析 デモ2の分析


その1:鉄パイプ

正式名称は「LEAD PIPE」なので「鉛パイプ」ということになる筈ですが、まぁ鉄パイプの方がしっくりと来ます。当然FPSの定番として射程(攻撃範囲)はゼロに近いです。威力も弱いです。
大概、他のFPSではなにかの味付けがありますが(威力は強かったりとか、意外なパワーアップがあったり等)、これはただのパイプです。
シングル編
これを使うことは無い筈です。基本的にスタート地点からすぐの所にいるオヤジから1$でバールを買い、本当の序盤(序盤の序盤)はそれが武器になるのでパイプは使いません。仮に使ったとしても虐殺されるのがオチでしょう。攻略ページによってはスタート地点にいる男女をパイプでぶっ殺し、金を奪いオヤジからバールを買え!と書いていますが。。。少なくとも難易度中で私の腕では絶対に勝てません!それどころか倉庫の中にいる弱いオヤジですらパイプではかなりのダメージを負ってしまいます。
マルチ編
マルチでも、使うことは基本的にありません。
但し、「パイプバトル」といった遊びではOKです。パイプを振り回す姿はなかなかに面白いです。
見ようによっては指揮棒を振り回しているようにも見えます。戦術は。。。ヒットアンドアウェイ位しか思いつきません。


その2:バール

正式名称は「CROW BAR」です。まぁ、バールでいいでしょう。日本ではバールと呼んでることだし。。。このバールはパイプに比べると攻撃範囲、威力ともかなり優れています。飛び道具が手に入るまではこれで戦うしかありません。尚、HALF-LIFEにも登場します。
シングル編
スタート地点のオヤジから1$で買うことが出来ます。ピストルが手に入るまではこれで戦い抜きましょう。但し強いといってもピストルを持ってる相手には基本的に敵いません。味方との連携で戦いましょう。
マルチ編
標準マップではバールは出てきません。なんで実は不明ですが、少なくともパイプよりはマシです。ピストル以上を持ってる相手には負けるけどパイプ相手には勝てるでしょう。
バール同士の場合には。。。まぁ時の運でしょう。


その3:ピストル

シングルではマップを良く調べないと序盤では入手に苦労しますが、マルチでは標準装備です。
入手のし易さが、シングルとマルチでのピストルの価値を表してます。
シングル編
武器屋で買おうとすると50$もするので、ある方法を用いて武器屋のオヤジからタダでせしめましょう。標準では弱いのでマグナムMODは必須です。ショットガンを入手するまで序盤はこいつで頑張りましょう。ショットガンを入手してからも序盤では弾丸を節約する為にピストルと併用した方が後で楽になります。MOD類は全て武器屋から購入しておきましょう。マグナムMOD以外はどうでもいいような感じですが大して高くはないので揃えておいた方が良いです。

マルチ編
標準装備ですが、なにぶん弱いです。皆さんそうだと思いますがまずは他の武器を探しに走ることでしょう。ただ、発射速度は意外と速いのでショットガンよりは当てることが出来ます。MOD類は全てマップ中に落ちてますのでそれを拾います。マグナムMODを装備すればちょっとはマシかも。ただ、大概マグナムMODを装備する前に他の武器を入手してるか、殺されているかのどちらかだと思いますが。。。
ところでピストルのことを「CAP」と言うんでしょうかね?

うーん。。。それにしてもピストルを撃ちまくっている姿はかなりヤケクソに見えますな。


その4:ショットガン

シングルではメインとなる武器です。8発のリロードを考慮して使いましょう。
シングル、マルチ或いはFPSの違いに関係なくショットガンは「至近距離からぶっ放せ!」が基本です。

シングル編
序盤で入手し、終盤に至るまであらゆる局面で使います。特に背後から忍び寄り一発を食らわせると敵がガクっとなるのですかさず次の一撃を加えます。(ガクっとなるのは足を狙った場合に多いような)
基本的には物陰に隠れ、撃っては隠れを繰り返す方法でいけます。
マルチ編
使いこなすには少し難しいです。発射速度が遅いのでPINGが悪い場合完全に見越し射撃をしないと当たりません。しかもリロード時間を常に考慮しないと相手に先制されてしまいます。
PINGの状況と相手の動く方向を予測して使いましょう。近距離で撃った方が当たった場合のダメージは大きいですが激しい動きの中では狙いがつけにくいので少し距離を置いた方がいいと思います。武器としての力関係としては使いこなすのが難しい為、強い方ではありません。


その5:トミーガン

「トンプソンマシンガン」ですね。カポネの時代にギャング共が愛用したらしいです。これを持っていればとりあえず安心感があります。エリザベス女王(だったかな?)がこの銃の流行を嘆いたとか。。。
シングル編
入手できるのは結構先です。バリバリ撃てて爽快ですがやっぱり基本は「撃っては隠れ」になります。
FPSの種類を問わず一般的にそうですがシングルシナリオの敵は強大な体力と正確な射撃能力を持っています。(回避能力は無いですが)従ってバリバリ撃ってると大概こちらが先に御陀仏になってます。
マルチ編
トミーガンが爽快なのはやはりマルチの方ですね。特にKPDM1なんかではひたすらにトミーガンを撃ちまくります。但し、やはりPINGの影響を受けると見越し射撃が必要になります。発射速度が速い分ショットガンよりも有効に使えます。弾丸のリロードも遅くは無いですのでショットガン程に気を遣うこともないでしょう。ポイントとしては撃つことよりも自分の動きに気を付けたほうがいいです。
いつのまにか壁に沿って走ることになったりすると相手に格好の射撃チャンスを与えてしまいます。相手に向かって真っ直ぐ走らず、斜めに移動しながら撃つことを心がけましょう。


その5:ヘビーマシンガン

HMGことヘビーマシンガンはマルチにおける最強の武器だと思います。(私見ですが)
「ドドドン!!!」こりゃ、快感です。私はとりあえずこの武器を得るために走ります。
シングル編
終盤にならないと入手できません。マルチと違いシングルの敵は回避行動が少ないので頭を狙ってヒットさせましょう。シングルでも強力な武器であることには変わりありませんが過信は禁物です。
(と、いうかあんまり強くないかも。。。)うーん、シングルではやっぱりショットガンが一番効果的に思えます。
マルチ編
私的にはやはりこの武器を使いこなすことがポイントであると思います。PINGが良い時はそれこそ撃たれる前に狙って撃つ!を続ければFRAGを稼げるのではないかと思いますが。。。
やはりPINGが悪いときが問題です!
PINGが悪い時は正確な射撃が必要となるHMGやショットガンは使わない、という闘い方もありますがここでは私なりの射撃法を解説します。名付けて
「散らし撃ち」
要するにHMGは3点バーストなので相手の中央と左右にそれぞれ弾が散るように撃つ。。。ということです。これなら狙いがずれてもカバーができるのではないかと思います。
勿論、相手の動く方向が読めPINGの状態が感知できていれば見越し射撃の方がいいんですが。
また、相手のHMG攻撃を回避するには基本的にとにかく動き回ることですがそれでも相手のPINGが良いとどうにもならないことがあります。こちらのアクション(逃げる、反撃する)の前に仕留められることが多いので。。。

追加!!!

では、PINGの良い場合については全然書いてませんでしたので(狙って撃てば当るとか。。。)追加します。

PINGの良いときだけで考えた場合、やはり「常に照準に相手を捉えつづける」ということが大事では無いかと思います。もちろん自分は回避行動を取りながら、です。その為にはマウスエイミングをどのようにするかが問題ですね。相手の距離が近い場合は、とにかくマウスをブン廻して後れを取らずに相手に先んじる。中間距離の場合はキーボードで移動(回避行動)をしつつマウスは常に相手を捕捉する為に動かすけれども大きな動きはしない。。。と言ったところでしょうか。。。後は照準内の相手めがけて弾が命中する!!!はずですが???

またまた少し捕捉!
PINGの良い時でも相手の体のど真ん中を狙うのでは無く、体の端からプラスαを狙った方が良いです。(相手の動く方向の端)

そうすることでPINGの影響による微妙なズレや、マウスエイミングのズレをカバーすることができます。これも見越し射撃ということになるのですが、HMGは3発続けて弾が出るという特性がありますので相手の動く方向が予測できる状態では1発目が当らなくても2,3発目に期待するとができます。(逆に、相手に予測されないようにランダムに動くことも必要です)

それにしても、このH.M.Gが無ければKINGPINの対戦はこれ程盛り上がらなかったのではないかと思うのは私だけでしょうか?


その6:グレネードランチャー

KINPINでHMGと並んで最も特色ある武器です。この武器の愛好者もまた多いことと思われます。
グレネードランチャー自体はいろいろなFPSで登場しますがこれほど破壊力のあるグレネードは無いでしょう。直撃しても爆発しないという、これまた他のFPSではあまり例の無い特色を持っています。

シングル編
破壊力の強さで、あまり考えずに敵のいる方向に放ってやれば敵は大概肉片と化します。
ただ、グレネードの携行数は多くは無いので無駄遣いしないように気を付けましょう。また、グレネードを放ってやると大概の敵はダッシュで逃げていくので楽です。(しかも大概吹っ飛ばされてくれます)

マルチ編
マルチにおいては、シングルのようにむやみに放っても効率は良くありません。(但し他のFPSに比べればそれだけでも全然強力ですが。。。)
単純に地面に転がすよりも、壁の跳ね返りを利用した投げ方を工夫する必要があります。
例えば、壁にグレネードを撃ち込み丁度跳ね返ってきた所が相手の近く。。。というような使い方をすべきですね。もちろん相手の動く方向をある程度予測して。。。この辺の戦術は他にもいろいろなバリエーションがありますけども、基本的にはなるべく相手との距離がある方が使いやすいと思います。勿論、距離が近いと恐るべき破壊力の為に自爆するという危険性もあるからですが、天井、壁、床、そして相手の体を含めた立体的な投げ方が可能になるからです。

また、消極的戦法としてはやられそうになった時はとりあえずグレネードを1個転がしておく。。。という手も有効です。(自分が死んだ後でグレネードが爆発するであろう。。。というタイミングで)


その7:バズーカ

これまたFPS伝統の武器で、この系統の武器が登場しないFPSは無いでしょう。強力な代わりに自爆の危険性も大きいというなかなかに扱い辛い武器です。この辺に関してもHMGの方が人気があるような理由でしょうね。

ただこの時代設定(1930年代アメリカ)でバズーカなんて武器があったのかは。。。?

シングル編
爆発系の武器はやっぱりなるべく相手を複数まとめて倒す、ということに主眼を置くべきです。何となく敵一人を倒すのにバズーカを使うと勿体無い気がしますね。また、撃つときは足元を狙うのはやっぱりシングルでも必要です。いくら敵の回避行動が少ないと言っても水平撃ちではあまり当りません。(もっともシングルの場合はこちらがバズーカを構えていると逃げ出すやつも多いです)

マルチ編
これはもう、伝統の足元撃ち、壁撃ちを心がけるしかないでしょう。動く人間に対して水平撃ちは当らないはずです。この武器は攻撃に関しては比較的PINGの影響が少ないはずですので、シビアな照準を必要としません。何しろ直撃は期待できないので。。。(例外は多々ありますが)
相手も当然足元撃ちをしてきますので基本的には移動しながらのジャンプで逃げ廻りつつ反撃する。。。のが基本だと思います。全く何も無いところでは相手の動きも予測しにくいですが、何らかの武器やアイテム等があれば、そこへ行きたくなるのが人情ですからそこを逃さず狙い撃ちしましょう。逆に言えば自分もそうですから、アイテムを取りたい気持ちをグッと抑えて行動しましょう。また、ある程度狭いところでは相手の移動する方向も判りやすい場合もあります。そういう時はチャンスですので迷わず撃ちまくりましょう。逆に自分はなるべくそういう状況に追い込まれないようにすることがポイントかな?
Rダメージ(爆心を基点に球状にダメージが減衰する)がありますので、極力爆心から水平と垂直の距離を取ることが必要です。故にジャンプ!ジャンプ!しかしながら、一定方向にジャンプするとやっぱり強い相手には読まれてしまいます。走り回る分に細かく動けますが、ジャンプすると右なら右と動きが定まってしまいます。そういう相手にはやはり逃げるか、相手を先に倒すか。。。ということになってしまいますね。。。


その8:火炎放射器

これはかなり恐ろしい武器です。特に相手が使っているのを上から見ると「こんな凶悪な武器は無い!」と感じます。炎に包まれ悲痛な叫び声が。。。!!!尚且つ、一番簡単に使える武器ですのでFPSの初心者にも手軽に使うことができます。

シングル編
実はこの武器だけでシングルシナリオの敵を倒すのは難しいです。(そうする必要は無いのですが)敵の体力が多いのに対して火炎放射器の燃料は他の武器に比べて携行量が少ないからです。実際には火炎で敵の動きを封じ(シングルの敵は炎に包まれると阿波踊りをします)他の武器で仕留める方がいいです。
マルチ編
シングルでは大して利かねーじゃねーか?と思うものの、マルチでは絶大です。油断するとすぐに焼死です。炎のなるべく先端に相手を置くことが有効なようです。従って、炎から逃れようと距離を取ることは実は相手の思うツボだったりします。逆に相手と密着すると焼かれないので、状況によっては突撃した場合がいい時もあります。
尚、この武器は一見PINGの影響を受けていないように感じられますが、やはりPINGが悪い時は目に見えている炎の位置と実際の炎の位置にズレが生じていることがあるようです。そんな時は意識して見越し射撃(放射か?)した方がいいかも知れません。

うーん、ここだけ「使う」ことよりも「逃げる」ことに主眼が置かれてますが何を隠そう、私は
火炎放射器が苦手で、常にどうやったらうまく凌げるかそればかり考えているのでこうなって
しまいました。。。


やっと完結!!!次回は「Fun to Camp!」(の予定)